アトリエ便り 2019年

2019年3月11日 マイカレンダー創刊

 春の到来とともに説話社から「マイカレンダー」が創刊されます。
私にとっては、人生の一部といってもおおげさではないくらい、長い年月を共にした「マイバースディ」。
かつての読者だった人たちは、今や逞しい社会の担い手となり、或いは優しい母となり、それぞれの人生を歩んでいることと思います。
そんなあなたにとっては、懐かしい思い出の玉手箱が開いた想いがすることでしょう。
マイバースディを知らないあなたにとっては、これから歩いていく人生の新しい良きパートナーとしての一冊になってくれることでしょう。
 3月22日に発売です。
お近くの書店に行ってみてください。
きっと、あなたの人生を変える素敵な魔法がたくさんみつかるはずです。

 今日は大震災からちょうど8年です。
いろんな思いがよぎりますが、私は未来を信じて自分のカレンダーを紡いでいきたいと思います。


2019年3月3日 今日は桃の節句でした

 空の中に柔らかな色が加わり、春の到来です。
景色のパレットにも優しい色が増えてなんだか気が緩みがち。
とはいえ、3月は冬と春の交換期なので、心のどこかで「勢い任せの出たとこ勝負!」とばかりに、冬の間にため込んだエネルギーを外に出したくて焦ってる?
そんな感じがしないでもありません。

 なにしろ、西洋占星術の世界では3月は、軍神マルスが統治する戦いの季節なのですから「のんびり」と「突撃」がブレンドした不思議な時空。
私はこのシーズンになると、いつもせっかちに事を進めたくなってしまいます。
ところが、一方では妙にのんびりと春を謳歌し「明日は梅を眺めに行こうかなぁ。」とばかりに、春を謳歌する自分もいて心の部屋の中に全く違う人が二人いるみたいになってしまいます。
もし、あなたの周囲に同じ症状の人はいたらマルスの応援歌と春の女神の魔法のせいで“せっかち&のんびり病”になっていると思ってください。
(このメッセージも、いっこうに書く気配がないのでスタッフにせかされてタイピングをしています。)

 タイピングをしている場所は?
といえばマンゴーの木の下。
寒さに弱い種類なので冬の間だけ家の中に入れておいたらなんと!
窓から差し込む、お陽さまの光と打ち合わせをしたかのように花を咲かせました。
実はこのマンゴーの木は実生の子。
我が家のデザートになった後の種から、すくすくと育ち今や私の身長を超えてしまいました。
今年で5才。
果たして実をつけるのでしょうか。
どうかしら・・・。
今から楽しみです。

 楽しみといえば、せっかちな自分の方が顔を出してしまい、すでに夏の計画を立ててしまいました。
(あ~まだ、4月にもなっていないと言うのに・・・。大丈夫かな。)
「もののふの矢橋の船は速けれど、急がば回れ瀬田の長橋」

 せっかちになっている皆様に贈る、3月を無事に過ごすおまじないの言葉です。
これは、室町時代の歌人、宗長が上洛するもののふ(武士)にむけて、琵琶湖は船で渡ると早いが比叡山からの吹きおろしで転覆する危険がある。
そこで、どんなに急いでも回り道のように思える瀬田の橋を渡るほうが安全に都に到着できる。
そんないわれで「急がば回れ」の語源になったともいわれています。

 写真は、 V(^o^)V マンゴーの花です!

2019年2月2日 2月は寒と暖の交差点

 気がついたら空の中に春の表情があった。
雲の形も含み笑いをしている女の子や、のんびり寝そべっているネコや子供に見えたりして、ホッコリとした気持ちになってしまう。
近くの公園を歩いていると神秘的ないい香り。
どこからやってくるのかしら? と香りを追いかけて行くと、そっと静かにたたずんでいる可愛い梅の花を見つけた。
でも、梅が咲き始める頃は時々空から雪が舞ってきて、うっすらとお化粧をしてしまう。
どうか厚化粧にしないでね。
と、痛々しいくらい可憐な梅を見つめて祈る思い。

 2月は寒と暖の交差する繊細な時。
12か月の中で最もデリケートな季節ではないかしら。
心の中に眠っている未知数に、そっと耳を澄ますと希望の声が聞こえてくるはず。

 小さな春を楽しんでくださいね。

 写真は5年前の2月、新宿御苑は雪に覆われていました。

2019年1月1日 お正月

 雀たちが陽だまりを見つけて、ひなたぼっこをしています。
まーーるくふくらみながら、お日様を一杯に浴びている姿がとっても可愛らしいです。

 あらたまの新しい年のお慶びを申し上げます。
新しい年がやってきました。
ドカーンと厚い辞書のように、日めくりのカレンダーはまだまだ一枚目。
これから日を追うごとにどんどん薄くなり、年末にはあと一枚を残して翌年になっていく。
その繰り返しの中に生きていくのが人生ですが、年を重ねながら少しでも成長をしていきたいものです。
365日、一日一日の中に隠れている「時の神様」と対話をしながら、充実した時間を送りたい。
晴れ渡った年明けの空を見上げて今、そんな事を思っています。

 あなたの抱負はどんなことですか?
どんなに小さなことでも、頭の中でラフ・スケッチをしておくことで叶う確率が上がるそうですよ。
「思う」ことは全ての原点です。
 まずは「原点」を作ってください。
そして、その事を周囲にいる人たちに伝えてください。
必ず磁石の役割を果たしてくれます。

 つまり、目的達成に向かって必要な情報や登場人物が集まってくるという事なのです。
これは、偶然は無いという事にも繋がります。
つまり周りにいる誰かに話すなど、常に思いを口にすることによって
「こんな記事みかけたよ」とか
「この間あなたが会いたいって言ってた人が来週@@にやってくるみたいだよ」と
様々な情報も集まってくるのです。

 偶然、出会った人。
でも、その人はあなたが呼んでいた人、求めていた人です。
今年は偶然という「時の神様」を味方につけて、素敵な自己実現をしてくださいね。

 

先週12/30、スタッフが高尾山で見つけたシモバシラです。
霜柱ではなくて、「シモバシラ」という植物が枯れた後にできる氷の芸術です。
ハート型に見えませんか?